« 巨大な石垣と豊臣秀頼の子 国松生存説 日出城 | トップページ | 機動戦士ガンダムU.C.ENGAGE 78週間 »

2024年5月19日 (日)

豊臣秀頼の子 国松生存説 耶馬渓町の豊國神社 

大分県中津市耶馬渓町の豊國神社に行ってきました。

実は耶馬溪から日出町に車で移動の最中に

この神社は見つけた次第です。

Img_3458c

民家も少なめの奥深い山中です。

2022年訪問です。

Img_3444c

カ-ナビに豊國神社とありました。

Wiki先生にも載っておらずやGoogleMap先生にも

何もカキコ無い神社でした。

Img_3445c

古い神社ですがきれいに保守されています。

Img_3457c

なんか絵が飾られており豪華だった感じです。

Img_3449c

歴史を感じる階段。

Img_3452c

なぜここに豊國神社と思いますが

当方は大分県臼杵市の立石駅に向かっていた次第です。

立石ですが日出藩の立石陣屋が有名です。

立石陣屋の初代藩主木下延由ですが

実は豊臣秀頼の子の国松説があります。

車だとここから立石駅までは1時間程度。

Img_3453c

ここが立石陣屋の所領だったのか

それとも単に国が豊かにとの事で

豊國神社なのかは謎であります。

Img_3454c

安永との事で1700年頃、江戸時代にはあったようです。

謎であります。

 

↓よろしければポチッとお願いします!

 

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

« 巨大な石垣と豊臣秀頼の子 国松生存説 日出城 | トップページ | 機動戦士ガンダムU.C.ENGAGE 78週間 »

歴史ネタ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

CM