« 大阪夏の陣で不覚 本多忠朝墓所 良玄寺 | トップページ | ノ-トPCク-ラ- 導入してみました  »

2024年5月12日 (日)

足守藩 江戸時代の豊臣氏 

岡山市北区足守にあった足守藩に行ってきました。

Img_4446c

2022年訪問です。

巨大な鳥居がお出迎え。

Img_4447c

足守藩ですが豊臣秀吉の正室のねねの兄の

木下家定が初代であります。

Img_4456c

木下家定ですが杉原家定が本名ですが

妹のねねが秀吉の正室になったので木下を名乗っています。

(後に羽柴、豊臣も)

小早川秀秋も家定の子であります。

Img_4457c

関ヶ原の戦いでは豊臣系にも関わらず中立を保ちました。

家康に評価されここ足守藩に移動しています。

城は作らず陣屋を建てています。

Img_4452c

武将出身ではなかったので戦績は乏しいのですが

ねねの縁者だったのと世の趨勢を見るのは

うまかったのかもしれません。

Img_4458c

家定が亡くなると勝俊と利房が争って両者改易されます。

これはねねが可愛がっていた勝俊に継がせようとして

利房が幕府に泣きついたため両者成敗になったようです。

大阪の陣では利房がねねの大阪城入城を防いだのが

評価され利房が領主として足守藩は復活しました。

Img_4470c

勝俊は京で隠居しねねの高台寺に入りますが

文化人として優れており細川幽斎に親しかったりしたため

春日局や小堀遠州ら幕府の重要人物と親しかったと言われています。

Img_4467c

小堀遠州風の庭園も残ってます。

勝俊と利房の弟の延俊も九州大分日出藩を授かっています。

大分日出藩は秀頼の子の鶴松の伝説で有名ですが

追ってご紹介します。

Img_4449c

古い町並みが残ります。

Img_4479c

静かであります。

Img_4451c

緒方洪庵の出身地でもあります。

 

↓よろしければポチッとお願いします!

 

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

« 大阪夏の陣で不覚 本多忠朝墓所 良玄寺 | トップページ | ノ-トPCク-ラ- 導入してみました  »

歴史ネタ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

CM