« KATO スユニ50  | トップページ | 長建寺 中書島駅 すぐ »

2024年6月16日 (日)

明智光秀 首塚 再訪問 知恩院そば 

明智光秀 首塚 再訪問しました。

Img_8789c

2013年以来の訪問です。

光秀の首塚を目指して白川筋沿いをのんびり散策。

疎水は海外観光客で賑わっていました。

Img_8792c

光秀の首塚の管理をされてる餅虎さんの

お饅頭を食べたかったけど夕刻に

行ったのでもう残念ながら閉まっておりました。

Img_8793c_20240613223901

相変わらずきれいに清掃されており素晴らしいです。

Img_8794c

失礼します。

Img_8795c

近付いたら照明が点灯する現代的な装備が付いていました。

Img_2468c_20240616114701

明智光秀ですが山崎の戦いで敗れて坂本に戻る途中

京都伏見区小栗栖で落武者狩りで討たれております。

Img_8797c_20240613224101

光秀の首は晒された後、蹴上周辺に埋葬され

塚が建てられていましたが江戸時代中期に

ここに移されたそうです。

元々はここにあった訳ではないようです。

これはワタシも知りませんでした。

五重塔も江戸時代の物だそうです。

Img_0575c_20240616120901

ただこの時の首は荒木行信と言う光秀の影武者で

本人は荒深小五郎と名を変えここ

現在の岐阜県山県市で暮らしたそうです。

荒深小五郎ですが関ヶ原の戦いの時に挙兵し

家康の援軍に向かいますが途中で落馬溺死して

しまったちょっと残念なオチもあるのですが。

Img_4186c_20240616121601

京都府福知山市では光秀は神様であります。

Img_4187c_20240616121701

光秀ですが主君信長を討った悪人でもありながら

善政を布いたため地域によっては

神様としても祀られているのが魅力でしょうか。

神様だけでなくもしかしたら南光坊天海説だったり。

Dsc01683c

光秀の首塚の近くの知恩院は徳川家康の菩提所でもあります。

光秀ネタですが非常に奥が深いです。

Img_0586c_20240616121401

大河ドラマ麒麟がくるがコロナの影響で

なんか不完全燃焼気味だったのでもっと

新しい光秀像も見たい気もしまする。

 

↓よろしければポチッとお願いします!

 

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

« KATO スユニ50  | トップページ | 長建寺 中書島駅 すぐ »

歴史ネタ」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

CM